sake-point

産地

検索結果: 13件中 1件〜9件表示

並び順

酒造一覧

各酒造ごとに配送料がかかります。

秋田県
阿櫻酒造

阿櫻酒造株式会社

阿桜酒造は明治19年にかまくらで有名な雪深い町秋田県横手市に創業。全国五大杜氏の一つである秋田の山内杜氏照井俊男のもと、情熱を燃やす蔵人達により、技の粋を集めた長期低温醗酵の秋田流寒仕込のお酒を醸しております。米どころ秋田の地元米のみで醸した、華やかな香りと、まろやかな味わいが調和した飽きのこない飲み口の良さが阿櫻酒蔵のお酒の特徴です。 山内杜氏による職人技の域をはるかに越えた「大胆かつ緻密な」酒造りにより、時代を越えて「魂」を注ぎ込んだ阿桜のお酒をお楽しみください。

茨城県
西岡本店

株式会社西岡本店

西岡本店は天明二年(1782年)に創業。蔵は関東の名峰「筑波山」の直ぐ膝元に立地し、この地は昔から良質の米と、御影石の名で知られる花崗岩地帯を浸透して湧き出る清らかな伏流水のある所として有名です。酒づくりに適した茨城県桜川市の地で創業以来240余年、関東の名峰・筑波山麓の清らかな伏流水と厳選した良質の米を使用し、代々受け継いできた伝統の技術でお酒を作り続けてまいりました。良質の米と水、杜氏の心意気で醸し出される「花の井」を是非お試しください。

茨城県
吉久保酒造

吉久保酒造株式会社

吉久保酒造は江戸時代中期の寛永二年(1790年)創業以来、12代にわたって酒を造り続けてきました。水戸徳川家の茶の湯の水として使われてきた笹原水源の超軟水”龍の水”を仕込水にコメの旨味のする辛口の酒を醸してきました。今後、さらに日本文化、酒文化を幅広い地域で伝えていければと考えております。

新潟県
加賀の井酒造

加賀の井酒造株式会社

江戸時代の慶安3年(1650年)創業の新潟県糸魚川市にある酒造です。代々の当主が、本物の酒造りを目指して最新の酒造技術を求める姿勢は、現在にも受け継がれています。「酒を愛し、手をかける程、良い酒が生まれる」。杜氏、蔵人による今も変わらぬ酒造りへの心意気と美味しい酒を造る為の努力により、『加賀の井』を育んでいます。 日本酒を「もっともっと身近に」。どうぞ、肩肘を張らずにリラックスしてお楽しみください。

富山県
銀盤酒造

銀盤酒造株式会社

清酒銀盤は、北アルプス黒部峡谷を臨む風光明媚な自然環境にあり、太古の時代に酒が湧き出たと伝えられる荻生村で、明治43年9月に創業。黒部川扇状地湧水群の名水と惜しみなく磨いた酒造好適米山田錦に、杜氏、蔵人、酒蔵の技や情熱が加わって「心に残る旨い酒」が生まれます。さらりとした飲み口、心地よい余韻を愉しめる酒は、端麗な口当りの中にも、湧水仕込みならではのまろやかさが広がります。器を満たす酒をたしなむひと時、清冽無比な水と雄大な黒部の自然が思い浮かぶ芳醇な美酒-それが銀盤の酒です。

石川県
酒蔵 加越

株式会社加越

慶応元年(1865年)創業の酒蔵加越は石川県の小松市にあり 、白山伏流水とお米に恵まれた土地でお酒を造っております。昔から雑味の無い純粋な酒の旨味と自然で奥ゆかしく控え目な香りを特長とした、極めて繊細な造りの酒蔵です。本当に良いものは、誰かの為に何かの為に、という「想い」から生まれる。その「想い」は、蔵人、スタッフ、お取引先様、お客様、それぞれを結ぶ「和」があってこそ生まれ、日々の活力となります。我々は常に「和」を大切にしながら「お客様に喜んで頂けるお酒」を作ってまいります。

岐阜県
老田酒造

株式会社老田酒造店

享保年間(1720年代)に、今の岐阜県郡上市より飛騨の地に移り住み、酒造りをはじめたと言われています。元禄時代より幕府の直轄地であった飛騨地方は、酒造りが盛んな地域でしたが、後に、老田の造る酒は評判となり『鬼もころすような・・・』と比喩されていったのです。仕込み水には飛騨山脈の豊富な伏流水を、原料米には地元飛騨産の『ひだほまれ』をはじめとする酒造好適米を使用した、飛騨高山の大自然から生まれた三百年の味をお楽しみ下さい。

岐阜県
千代菊

千代菊株式会社

「酒は造るものではなく育てるもの。杜氏や蔵人の役割は、酵母や麹といった微生物が働き易い環境を整えること」千代菊は酒造りをこう捉えています。元文三年(1738年)の創業以来、千代菊は原材料にこだわり続け、最高級の酒造好適米「山田錦」はその産地と等級を厳選し、有機米を使用。仕込み水には、鵜飼で名高い清流「長良川」の伏流水を使用。軟水で無菌、カルシュウムなどの無機質を適度に含んだ清らかなこの名水が、千代菊ならではのまろやかなお酒を生み出しています。

静岡県
富士高砂酒造

富士高砂酒造株式会社

文政年間(1820年)頃に滋賀県蒲生郡日野町の山中正吉が創業し、天保2年(1831年)に現在の地(富士宮浅間大社のすぐ西側)に酒蔵を構え、酒造りを創めました。当時、駿河湾駿東で「ごうりき」という酒米がとれ、また富士山の伏流水が豊富に使えるというこの地に出会った縁により、酒造を生業にしたと伝えられております。当蔵では、仕込み水である富士軟水の素質により口当りの優しく少し甘く感じる酒質、そして代々「能登杜氏」による「山廃仕込」「再仕込」等の味口造りを特徴としています。

検索結果
13件中 1件〜9件表示