鶴見酒造の歴史

創業1873年

津島の伝統を受け継ぎ、進化する酒造り

1873年、染物業を営んでいた初代貞造が酒造業を始めたのが鶴見酒造の歴史の始まり。
津島地方に伝わる伝統的な製法を受け継いで、手作りによる製造の良さを守りつつ、近代的な品質管理とを巧みに調和させ、米の旨味を酒の中に充分生かしたコクのある、より良い日本酒の開発に取組んでおります。

鶴見酒造歴史
鶴見酒造歴史②
鶴見酒造_甑
鶴見酒造_麹室8
鶴見酒造歴史 鶴見酒造歴史② 鶴見酒造_甑 鶴見酒造_麹室8

酒造りの原風景

信長の台所、尾張津島

尾張津島は、かつて「津島湊」と呼ばれる港町。
水運の拠点として栄え、織田信長の台所として早くに京の食文化も流入した華やかな商業都市。
歴史が息づく土地だから生まれた、伝統の銘酒。

尾張津島2
木曽三川

美しき木曽三川の賜物

広大な濃尾平野から伊勢湾に流れる木曽川。
美しいこの清流の伏流水から生まれる「我山」。豊かな自然の恵みのミネラル分をたっぷり蓄えた木曽川の賜物が、銘酒の味わいを作っております。

希少の「兵庫県産特A地区山田錦」

米の心白が大きく、磨きをかけるたびに香り高く美しい酒に形を変えていく、酒米の王「山田錦」。
雑味の無い、まろやかな酒造りを追求して、最高峰として知られる「兵庫県産特A地区山田錦」を100%使う贅沢さが「我山」のこだわりです。

木曽三川2

信長の台所、尾張津島

尾張津島は、かつて「津島湊」と呼ばれる港町。
水運の拠点として栄え、織田信長の台所として早くに京の食文化も流入した華やかな商業都市。
歴史が息づく土地だから生まれた、伝統の銘酒。

尾張津島2

美しき木曽三川の賜物

広大な濃尾平野から伊勢湾に流れる木曽川。
美しいこの清流の伏流水から生まれる「我山」。豊かな自然の恵みのミネラル分をたっぷり蓄えた木曽川の賜物が、銘酒の味わいを作っております。

木曽三川

希少の「兵庫県産特A地区山田錦」

米の心白が大きく、磨きをかけるたびに香り高く美しい酒に形を変えていく、酒米の王「山田錦」。
雑味の無い、まろやかな酒造りを追求して、最高峰として知られる「兵庫県産特A地区山田錦」を100%使う贅沢さが「我山」のこだわりです。

木曽三川2

酒造りのこだわり

磨き3割5分の透明感あふれる酒造り

「我山」の純米大吟醸は、35%まで高精白した山田錦を使用。米の65%を削り、雑味の元となる表層を磨くことで深みがあるのに、すっきりとした味わいを生み出し、優雅で華やかな香りと、明瞭な米の旨みを楽しめます。

荒櫂前
鶴見酒造酒造り
荒櫂前 鶴見酒造酒造り

酵母という微生物との対話

酵母の声なき声に耳を傾け、温度管理が大変難しい低温発酵のもと、酒質に影響を与えぬよう、櫂入れにまで細心の注意を払います。醸造責任者の技と吟醸酵母からうみだされる繊細で芳醇なアロマが我山の魅力。

麹室1
麹室
麹室3

味わい

雑味のない透明感と米の旨味

酒米の最高峰「兵庫県産特 A 地区山田錦」を精選し、丁寧に磨き上げ雑味のない透明感を追求。
きめ細かい口当たりから、米の旨味がまろやかに広がり、心地よい余韻へと続きます。

鶴見酒造我山②
鶴見酒造山荘②

芳醇でやや辛口、綺麗な味わい

酒米の最高峰「兵庫県産特 A 地区山田錦」を40%まで高精白し、徹底した低温管理でじっくり醸した大吟醸「山荘」。
華やかに香りたち、雑味の少ない綺麗な味わいが広がります。

料理に寄り添う、すっきりとした飲み口

尾張津島の伝統銘柄「神鶴」。純米吟醸「千」は五百万石、出羽燦々を精選し、フルーティで香り華やか。食中酒として日常的に楽しめるシリーズとなります。

鶴見酒造神鶴②

雑味のない透明感と米の旨味

酒米の最高峰「兵庫県産特 A 地区山田錦」を精選し、丁寧に磨き上げ雑味のない透明感を追求。
きめ細かい口当たりから、米の旨味がまろやかに広がり、心地よい余韻へと続きます。

鶴見酒造我山②

芳醇でやや辛口、綺麗な味わい

酒米の最高峰「兵庫県産特 A 地区山田錦」を40%まで高精白し、徹底した低温管理でじっくり醸した大吟醸「山荘」。
華やかに香りたち、雑味の少ない綺麗な味わいが広がります。

鶴見酒造山荘②

料理に寄り添う、すっきりとした飲み口

尾張津島の伝統銘柄「神鶴」。純米吟醸「千」は五百万石、出羽燦々を精選し、フルーティで香り華やか。食中酒として日常的に楽しめるシリーズとなります。

鶴見酒造神鶴②